犯人当て序章 どちかの どちかのヒント わたかの わたかのヒント

どちらかが彼女を殺した(ヒント)

このページは犯人当てですから完全ネタバレです。注意!!

Monday, May 31, 1999 6:29 PM Subject: [mystery:812] WHO「どちらかが..」犯人当て

しょうです。さて、いよいよはじめますか!(^^)

犯人当てに参加表明があったのは、ヨシさん、おかみょうさん、うなうなさん、C.Tさん、akkoさん、そして私です。途中参加もできますよ。(^^)

この本はノベルス版と文庫版では難易度が違うそうです。その理由は、ノベルスにあったてがかりが文庫版で削除されたからなんです。

ということで、文庫版にあったヒントを署名の下に書いておきますが、これを読めば犯人が分かってしまうので、読む読まないは自由です。
一応、本を読むための期間を設けます。6月6日(日)までとしますね。
これ以降、WHO「どちらかが..」の件名で自由に推理、感想を書いてください。

決め手は利き手なんです(^^)

助手:ええと、結局ですね。潤一は右利き、佳世子は不明、決め手がないじゃないですか。

教授:実はこの文庫版には親本からカットされた箇所が一つあり、そのためにぐっと難易度が増しているのだ。290ページ、「佳世子は少し逡巡したようだが、最後には決心した。袋を破り」となっている。「袋を破り」の前にあった○手でがカットされたのだ。

助手:康正はこの袋の破り方を見て犯人が分かるのですよね。どっちの手を使ったか読者に示してくれないんじゃアンフェアじゃないですか。

教授:ほっほ。それが論理的に推理できるのだ。200ページで加賀が園子の封筒の破り方を確認する。つまり睡眠薬の袋の破り方が最重要なのだ。袋の一つは本人の自供通り、右利きの潤一が破っている。それは園子とは逆方向の破り方だった。また、加賀が他殺と断定する点から逆算すれば、直接的な描写はないが、もう一つの袋も園子とは逆の破り方だったと推理できる。
康正が51ページで覚えた心の引っかかりもこれであろう。
そして康正は佳世子が偽装と同じように袋を破いていたら、康正は犯人を特定できない。
康正が答えを得られたということは、偽装工作と違う破られ方をしていたからだ。
ゆえに佳世子は○手で袋を破いたという推理が導かれる。
つまり犯人は○○である。