全12冊

太田忠司図書目録

 
1959年2月24日、名古屋市生まれ。名古屋工業大学電気工学科卒。1981年、大学在学中に投稿したショートショート『帰郷』が「星新一ショートショート・コンテスト」で優秀作に選ばれる。その後、会社勤めをしながら「ショートショートランド」「IN★POCKET」にショートショートを数編掲載。1990年、長編ミステリ『僕の殺人』を上梓。8年間のサラリーマン生活を辞め、作家専業となる。現在、名古屋在住。
書       名 種  別 発行年 摘  要
上海香炉の謎 ノン・ポシェット 1997年 霞田兄姉シリーズ
倫敦時計の謎 ノベルス 1992年 霞田兄姉シリーズ
新宿少年探偵団 ノベルス 1995年 新宿少年探偵団
怪人大鴉博士 ノベルス 1995年 新宿少年探偵団
摩天楼の悪夢 ノベルス 1996年 新宿少年探偵団
3LDK要塞山崎家 ノベルス 1997年  
東京『失楽園』(エンジェル)の謎 NONNOVEL 1997年 霞田兄姉シリーズ
紅天蛾 ノベルス 1997年 新宿少年探偵団
白亜館事件 ノベルス 1997年 狩野俊介シリーズ
さよならの殺人1980 NONNOVEL 1998年  
鴇色の仮面 ノベルス 1998年 新宿少年探偵団
帰郷 ノベルス 1998年 短編集34作品
  上海香炉の謎

「姉を助けて」新進作家霞田志郎が、ファンの少女水沢美智子に、失踪した姉圭子の捜索を懇願された時、底知れぬ事件の幕が開いた。姉妹の父親は中国陶器蒐集で知られ、悲劇の武将岳飛愛用の“上海香炉”が自慢だった。志郎が水沢家を訪れた夜、香炉の飾られた寝室で父親の愛人の美人タレントが殺された。その首に巻きついていたのは圭子愛用のリボンであった―。

ノン・ポシェット(本のカバーから引用)

  倫敦時計の謎

ロンドンのビッグベンを象った大時計の完成式典で、針が十二時を指した時、仕掛け人形のかわりに死体が飛び出した。死んでいたのは奇矯な行動で知られる時計作家弥武大人。出馬を要請された作家探偵霞田志郎の苦悩を嘲笑うかのように、さらに殺人は続いた。地元有力者高野の屋敷で、大人作の巨大な砂時計の中から孫娘あずみの死体が発見されたのだ。やがて事件の背後に横たわる巨大な悪意に気づいた志郎は…。『上海香炉の謎』に続く人気本格推理シリーズ待望の第二弾。

ノン・ノベル(本のカバーから引用)

新宿少年探偵団

混沌都市(ケイオスシティ)、新宿歌舞伎町。狂気を胚胎し、魔人をも現出せしめる力場(フィールド)に、一つの捩れた意志が生まれた。退屈な暮しに倦んだ中学生四人が、その磁場に招ぜられ、狩りがスタートする。θ(シータ)と呼ばれる物体を操る怪人から逃れ、迷い込んだ奇妙な雑居ビルで四人を待っていたのは。田中芳樹氏推薦の新冒険ロマン。

 

講談社ノベルス(本のカバーから引用)

怪人大鴉博士―新宿少年探偵団

混沌都市(ケイオスシティ)・新宿。超高層ビルの陰に生じた闇の舞台では、今まさに怪異な事件の幕が開かんとしていた。自ら大鴉博士と名乗る怪人からの大胆な犯罪予告。立ち向かうは未知の科学力を持つ不思議の少年蘇芳から、秘密道具を託された異能の中学生四人。果たして勝敗は。田中芳樹氏推薦の新冒険シリーズ第二弾。

 

講談社ノベルス(本のカバーから引用)

摩天楼の悪夢―新宿少年探偵団

闇と光の交錯する混沌都市・新宿に聳え立つ超高層ビル。ハイテクに支配されたその摩天楼には、連続殺人を謀る邪悪な意志が潜んでいた。現代文明の作った巨大な棺桶の中で、異能の中学生四人組が未知の科学力を武器に、見えない敵に戦いを挑む!犯人の正体は?目的は。

 

講談社ノベルス(本のカバーから引用)

  3LDK要塞 山崎家

木造2階建て、ローンあと20年の建て売り住宅に住む、小学5年生の山崎滋は何不自由のない平穏な生活を送っていた。スーパーで買物中に「家族の幸せ」の貴さにうたれ号泣したり、滋を公園に連れ出し、むりやりキャッチボールをさせようとする「普通の家族」コンプレックスの父、兼智の風変わりな行動を除いては―。しかしそんな日々も、ハイヒールの美女、クミコ・エリス・ハスター率いる戦車隊が、山崎家をつけねらいはじめて一変する―。本格推理あり、アクションありの戦車隊と山崎家の攻防から明るみになる家族の秘密と価値。

幻冬舎ノベルス(本のカバーから引用)

  東京『失楽園(エンジェル)』の謎

臨海副都心に立つ大天使ミカエル像は、NYの女神に匹敵する偉容を誇っていた―ある夜、直下のテーマ・パークで男が絞殺された。「汝、悪の創始者よ」現場に残された英国詩人ミルトン『失楽園』の詩句に、作家探偵霞田志郎は犯人の秘密を看破するが…。同日、天才装丁家浅井竜邸でも密室殺人が発生。死体を発見した志郎の妹千鶴は、なぜか混濁する意識下で悪魔と天使の幻影を見た!二つの事件を結ぶ「天使の秘密」は何か?そして意外な真犯人とは?大人気本格推理シリーズの第六弾。

ノン・ノベル(本のカバーから引用)

  紅天蛾―新宿少年探偵団

怪異と幻想の都市へと変貌しつつある新宿に、無垢なる悪意と不可思議な怪能力を持つ謎の美少女が舞い降りた。その名は紅天蛾。「七つの影」を操り、都庁舎さえも自らの犯罪の舞台とする彼女が、蘇芳たち探偵団の面々に挑戦状を叩きつけてきた!熾烈な闘いの末に、彼らが見たものは!?大好評シリーズ第4弾。

講談社ノベルス(本のカバーから引用)

  白亜館事件

ホテル、レストランなどを経営する柊興業代表の柊遼が、石神探偵事務所を訪れた。二十年前に自殺した兄・凱の死の真相を調べてほしいというのだ。二人は父親から莫大な資産を受け継いだのだが、高校教師であり化石の研究家として有名だった凱が発見した肉食竜の化石が偽物と批難された上、妻も自殺、山中の館で息子の慎也と二人、隠遁生活を送っていたのだった―。柊家の関係者がその館に集まる日、野上探偵と俊介、猫のジャンヌも同行したのだが、そこで身の毛もよだつ事件が起こったのだ。

トクマ・ノベルズ(本のカバーから引用)

  さよならの殺人 1980

「謎の原稿「さよならの殺人」が、私を過去へ引き戻した…」1980年11月最後の日曜日、大学自治会長森山が殺された。顔面が潰され、背中には「天誅」の貼り紙が。すでに遺物と化した学生運動の内ゲバなのか?死体を発見した工学部4年の矢部は、動揺しつつも、敢然と事件を追い始めた。だがJ・レノン銃殺が伝えられた夜、またしても殺人が…。やがて浮上する意外な真相!そして17年の時を経て逆転する、もう一つの真実があった。

ノン・ノベル(本のカバーから引用)

  鴇色の仮面―新宿少年探偵団

白い「霧」が人間を襲い(「霧の恐怖」)、妖しい仮面が女たちを死へと誘う…(「鴇色の仮面」)。光と闇が交錯する魔都・新宿に、混迷と恐怖をもたらす人知を超えた怪事件は、現代社会が突き進む破壊への序章なのか?事件の裏に潜む怪人たちに立ち向かうため、探偵団は夜を駆ける!大好評シリーズ第五弾。

講談社ノベルス (本のカバーから引用)

 

短編集

あなたに降る雪;妖精駆除;お父さん屋;すぱいらる;いつか、扉を叩く音;へい;保健室;運命の輪;生きている山田;ただ一度;父の恋人;帰郷;冷たい人;講演;飛べない鳥のはばたき;龍の谷;創造;夏の川辺にて;情事の結末;雛の殺人;夫・菊地洋介を語る;理想的な毒殺;目覚めるのはいつも午後一時;おそるべき超能力;星に願いを;思い出の小匣;割れても末に星に願いを;思い出の小匣;割れても末に

幻冬舎ノベルス (本のカバーから引用)