全4冊

京極夏彦図書一覧

 
書       名 種  別 発行年 摘  要
姑獲鳥の夏 講談社ノベルス 1994年 4061817981
魍魎の匣 講談社ノベルス 1995年 4061818120
狂骨の夢 講談社ノベルス 1995年 4061818449
鉄鼠の檻 講談社ノベルス 1996年 406181883X
姑獲鳥の夏

この世には不思議なことなど何もないのだよ―古本屋にして陰陽師が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第一弾。

東京・雑司ケ谷の医院に奇怪な噂が流れる。

娘は二十箇月も身篭ったままで、その夫は密室から失踪したという。

文士・関口や探偵・榎木津らの推理を超え噂は意外な結末へ。

講談社ノベルス(本のカバーから引用)

魍魎の匣

ミステリ・ルネッサンスの到達点!

前作『姑獲鳥の夏』でミステリ界の蒙をひらいた著者の第2作。

前作から2ヶ月後、作家関口が出会った「匣」にまつわる奇妙なバラバラ殺人

。京極堂は何を見るか?

講談社ノベルス(本のカバーから引用)

狂骨の夢

話題沸騰の京極夏彦、読者渇望の第3長編!

「いさま屋」が耳にはさんだ不思議な出来事を調べるため、悩める前衛私小説作家関口は逗子を彷徨う。

惑乱の末、解決を求めて尋ねた京極堂の主は彼に何を教える?

講談社ノベルス(本のカバーから引用)

鉄鼠の檻

待望の書下ろし第4作いよいよ発売!!
''94年9月の初登場以来、その衝撃はミステリ界を越え小説界全体に及んだ。

次作にも読者からの問い合わせが殺到。

内容を明かす事はできないが期待は裏切らない。

講談社ノベルス(本のカバーから引用)