第1回 第2回 第3回

第3回課題作品「秘密」(東野圭吾)

東野圭吾は、昭和60年「放課後」で第31回江戸川乱歩賞を受賞。この作品がデビュー作でもあります。
ジャンルは一応「ミステリー」なのですが、その一連の作品はバラエティーに富んでいて、今注目度ナンバーワン作家です。

うなうな Friday, May 14, 1999 8:56 PM

東野圭吾氏「秘密」読みました。
えっとね、ミステリーじゃありませんでした。人間ドラマでした。でも考えちゃった。

物語は、スキーバス事故で妻と娘を無くしかけた主人公が助かった「娘の体」と「妻の魂」を目の前にして始まります。
でもね〜、その辺にある「多重人格」の話ではありません。
それに、もし自分がこの立場に置かれたらどう生きるか。・・・なんて考えてしまうお話でした。
それに最後の最後に題名の「秘密」ってのが効いてくるんです。
ミステリーに飽きたら、是非是非オススメしたい!・・・特に男性にお勧めしたいかな(^^)