おひつじ座 おうし座 ふたご座 かに座 しし座 おとめ座 てんびん座 さそり座 いて座 やぎ座 みずがめ座 うお座
 

星座物語(ギリシャ神話)    糸川英夫の細密占星術(糸川英夫著)

さそり座 (10月24日〜11月22日生まれ) Scorpio

 秋のはじめに、夜空を見上げてみましょう。南の空を見ると、頭の上から地平線にめがけて一筋の道...天の川が白く輝いています。この天の川の右側にある、S字型の星座が、あなたの誕生星座「さそり座」です。

 蠍の胸の位置に赤く輝く一等星アンタレスは、とくに強い印象を受けます。

 遠い昔の人たちも、この不思議な魔力に輝く星座を眺めては、王者「蠍」の姿を思い描いていたことでしょう。

 ギリシャ神話に伝わる「さそり座」の物語です。

 キオス島の王女メロペを見初めた英雄オリオンは、キオス王に王女との結婚の許しを乞いました。しかし、キオス王はオリオンの求婚を断るため、猛獣退治の難題を押しつけたのです。

 ところが、英雄オリオンは、得意の弓矢で猛獣を殺し、なんなく難題を片づけてしまいました。困ったのはキオス王です。一計を案じた王は、オリオンを泥酔させてから、彼の目をつぶしてしまいました。

 盲目となったオリオンでしたが、哀れに思った神は、彼に、目が見えるようになる治療法を教えました。しかしそれが、逆に仇となってしまったのです。

 目が見えるようになったオリオンは、ただちにキオス島にもどり、王を殺しました。けれども、求愛した王女には逃げられ、やむなく月の女神アルテミスに仕えることにしました。ところが、人間の身をわきまえず、オリオンは女神を愛し、結婚を迫るようになりました。

 そこで、月の女神アルテミスは、大地の女神に頼んで、オリオンを殺すことにしました。そのために送られてきたのが、猛毒をもつ「蠍」でした。さすがの百戦の英雄オリオンも、この猛毒にはかなわず、刺し殺されてしまいました。

 神々の王ゼウスは、オリオンの武勇を惜しんで天空に上げ、「オリオン座」として残しました。いまでも「さそり座」が東の地平線に姿をあらわすと、「オリオン座」は、いちはやく西の地平線に姿を消すのです。