おひつじ座 おうし座 ふたご座 かに座 おとめ座 てんびん座 さそり座 いて座 やぎ座 みずがめ座 うお座
 

星座物語(ギリシャ神話)    糸川英夫の細密占星術(糸川英夫著)

うお座 (2月19日〜3月20日生まれ) Pisces

 秋も深まったころ、夜空を見上げてみましょう。

東の地平線から、うす明るく輝く8個の星が、V字型に並んで昇ってくるのが見えます。これが、あなたの誕生星座「うお座」です。

 この星座は、東と西に別れた二匹の魚の尾が、互いに紐で固く結ばれている姿を描いています。

 昔の人たちも、暗く広がる天空に、二匹の魚の不思議な姿を見つけては、さまざまな思いをめぐらせたことでしょう。

 ギリシャ神話に伝わる「うお座」の物語です...。

 アフロディテは、美と愛の女神として知られています。

 ある日、アフロディテが最愛の息子エロスを連れて、ユーフラテス河のほとりを散歩しているときのことです。百の首をもつ、世にも奇怪な怪獣テューポンが立ちはだかりました。

 テューポンは、地の女神ガイアと天空の守護神ウラノスを先祖にもつ魔物です。百個の頭のすべての目と口から真っ黒な舌を出し、ライオンのように吠える恐ろしい怪獣でした。

 恐怖のあまり、愛の女神アフロディテは、息子のエロスといっしょに魚の姿に変身し、ユーフラテス河に飛び込みました。こうして二人は、怪獣テューポンから、命からがら逃れたのです。

 二匹の魚の尾が、紐でしっかりと結ばれているのは、母と子の深い愛情の絆を描いています。

 母と子の愛情を永遠にとどめるために、この二匹の魚は、「うお座」として天空に上げられ、やさしい光を放っています。

 さて、この怪獣テューポンは、神々の王ゼウスに戦いをいどみ、ゼウスの放った雷によって、ついには殺されてしまう運命であったと伝えられています。