ア ス ペ ク ト
 
太 陽  
   
水 星      
金 星      
火 星      
木 星          
土 星        
天王星            
海王星            
冥王星            
  太 陽 水 星 金 星 火 星 木 星 土 星 天王星 海王星 冥王星
 
太陽と天王星がOpposition(180度) 緊張を示す。張りつめた緊張を休ませる必要がある。
月と金星がOpposition(180度) 自分のやろうとすることに対し周囲の人達の抵抗、反対にあう。
月と火星ががOpposition(180度) どんなに努力してもトラブルに巻き込まれる。回避するには妥協が必要。
月と土星がOpposition(180度) すでにある悲観的な立場とか抑圧の中にいることを暗示している。
月と海王星がTrine(120度) 身のこなしが優雅で、言葉遣いもたいへん魅力的。他人の気持ちを大切にする細やかな気配り。優しい性格。
水星と木星がSextile(60度) 知的なものに対して、とめどない好奇心を持つ。常にすべてを追究しないと気がすまない。
水星と海王星がTrine(120度) 仕事に集中したときに実力を発揮する。未知の世界や神秘的なできごとへの好奇心が強い。
水星と冥王星がOpposition(180度) 身の回りや社会で起こるできごとに敏感。
金星と火星がConjunction(0度) 異性をひきつけてやまない魅惑の星のもとに生まれた。
金星と土星がConjunction(0度) 静と動との感情の起伏が激しい。活発に明るくしているかと思うと、次の瞬間には、急に無口に、憂うつになったりする。
火星と土星がConjunction(0度) バランスのとれた感情。自らを犠牲にする奉仕精神。理想主義者。
木星と天王星がTrine(120度) この星の位置関係は、それ自体としてはあまり大きな意味を持たない。才能の安定性とか、財産や富へのある程度の寄与とか、経済面での幸運への一つの要因といった程度で、補助的な役割を示す。
木星と冥王星がTrine(120度) 他人に対し喜んで援助し、公平に、そして慈悲深い心をもって、ものごとを判断する。
土星と冥王星がTrine(120度) 自分の願望や欲求が達成されるまで、スタミナに恵まれ続けるという幸運がある。
海王星と冥王星がSextile(60度) 理想郷的な社会を強く願望する。この惑星位置が起きた1945年から80年の社会の影響を強く受けているのです。不幸な第二次世界大戦と、その後の混乱期を経て、高度成長時代、そして国際化時代へと、いくつかの動乱と資源のための争いなどの運命が、あなたを逆に理想郷的な社会へと駆りたてていくのでしょう。
多くの人たちが、人間同士が憎みあい、戦うことの虚しさを知っています。そして永遠の平和を望む声が高まっています。あなた自身の幸福も、そういった期待の中に追求されていきます。
 
アクエリアン・エイジについて(ホロスコープ入門、ルル・ウブア)

アクエリアン・エイジ(みずがめ座時代)とは、プラトンの時代から言われていた宇宙的周期のことです。この1番小さい単位の周期が始まったのが1945年のことで、終わったのが1980年です。

アメリカで大ヒットし、日本でも公演されたミュージカル「ヘアー」のテーマ・ソングに「アクエリアス」というのがありました。ヒッピーまがいの若者たちが「アクエリアン・エイジの夜が明けた...」と歌っていたのが印象に残っています。また、同じ頃に打ち上げられたアポロ13号の月着陸船が、やはり、「アクエリアス」という名前でした。

アクエリアン・エイジについてむかしから言われていることは、この時代には地上のすべての悪が一掃され、世界に平和と人類愛がよみがえって来る時代であるということです。

また、この時代には古い学問が復活し、今までの一切の思想や観念や宗教、国籍や人種の差違に影響されない、水晶のように透明な精神を持った人類があらわれて来るということです。

みずがめ座の支配星は、天王星ですが、天王星はまた占星学(アストロロジー)を象徴する星でもあります。

現在アメリカの、特に若い人達の間にアストロロジーが非常に流行し、日本にもその余波が及んでいますが、アストロロジーこそまさしく「復活した古い学問」 なのです。