十 勝

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

十  勝
トカチ
十勝はたぶん十勝川下流の辺の地名からできた名であろうが、発祥地も語義も全く忘れられてしまった。
帯広市
オビヒロシ
北海道駅名の起源昭和29年版は「帯広は、帯広川のアイヌ地名「オペレペレケプ」(陰部・いくつにも裂けている・者)即ち(川口がいく条にも分かれている川)の上部の音をとり、それに十勝平野の広大さに因んで広の字をつけたものである。」と明快な解を書いた。少し変に思われるかもしれないが、おおらかなアイヌ時代は、娘(少女)をオペレケプ(o-perke-p 下の処が・割れている・者)の形で呼んだ。
音更町
オトフケチョウ
これは語義がはっきりしない。永田地名解は「オトプケ? オトプケは毛髪の生ずるの義なれども未詳」と書いた。一応オトプ・ケ(頭髪・の処)の音を考えたもの。北海道駅名の起源昭和25年版はその語を書き「広い川原に柳が毛のように密生しているからだという」と説明したが、同29年はその説は疑わしいとた゜け書いた。
士幌町
シホロチョウ
士幌川上流、音更川中流及び(利別川支流)の上流の土地で、士幌町の市街は音更川とサクシュオルベツ川の間の処にある。
上士幌町
カミシホロチョウ
士幌川の源流、音更川上流一帯を含む広い町で、上士幌市街は町の南境を少し上った処。
鹿追町
シカオイチョウ
永田地名解は「クテクウシ。鹿を捕る処」と書いた。クテクは鹿を捕るために柵を作り、鹿をそこに追い込んで、その口の処に置いた仕掛け弓で捕る施設であった。クテク・ウシ「kutek-ush-i 鹿捕り柵・ある・もの(川、処)」と訳すべきか。鹿追はこれを訳して呼ばれた地名なのであった。
新得町
シントクチョウ
シットク(shittok)は元来「肘」の意。川曲がりや山の突出部をいう。この場合は新得山の突出部をいったのではなかろうか。
清水町
シミズチョウ
市街のはずれにペケレペッ川が西の山から流れて来ていて佐幌川に注ぐ。語義は(ペ・)ペケレ・ペッ「((pe)peker-pet (水が・)清澄な・川」できれいな水が流れている。清水はその訳名だという。
芽室町
メムロチョウ
永田町地名解は「メム・オロ・ペッ mem-oro-pet(泉池より来る川)と書いた。地名として続けて呼ぶとメモロで、それに芽室と当て字された。メムは清水の湧く小池のことであった。
中札内村
ナカサツナイムラ
サッ・ナイ(sat-nai 乾く・川)の意。札内川筋の中流にあるのでこの名で呼ばれた。
更別町
サラベツチョウ
この辺に葦原があってサル・ペッ(葦原・川)の名ができたのか、あるいは猿別川筋なので当然サル・ペッの地なのであるが、下流と区別するために更別としたのか分からない。後者の方ではなかろうか。なおsar(葦原)はサラのようにも呼んだ。
忠類村
チュウルイムラ
忠類は市街の近くにあるチウ・ルイ・トープイ(chiu-rui-topui) 流れ・激しい・当縁川(支流)の下略された名であった。
大樹町
タイキチョウ
永田地名解は「タイキ・ウシ。蚤・多き処」と書いた。
広尾町
ヒロオチョウ
@ 陰の処説 上原熊次郎地名考「ビロロなり、即陰と訳す。山の陰なる故地名になすといふ」と書いた。ビロロ(pir-or 陰・の処)と解したもの。

A 小石の処説 松浦氏東蝦夷日誌は「ヒヲロにて小石の多きに取る也」と書いた。ピ・オロ(pi-or 石・の処)との解である。 

B 砥石川説 永田地名解は陰説の後の処に「今世のアイヌはピルイ・ペッpirui-pet(砥石・の川)にしてピロヲにはあらずと弁解せり」と書いた。広尾川の川口に近い北岸に青みを帯びた石崖があるのがそれだろうといわれている。

C 崖の処説 永田地名解は本文の処で「一説ピラオロにて崖壁ある処の義、即ちピルイの崖壁を云ふと。亦通ず。」と書いた。pira-or(崖・の処)と解した。北海道駅名の起源は昭和25年版からこの説で書かれた。

幕別町
マクベツチョウ
マクンペツ「mak-un-pet 後(山の方)に・ある(入っている)・川」から出た名であろう。
池田町
イケダチョウ
明治37年に釧路・帯広間鉄道開通により池田農場内に池田停車場が設置され、明治42年網走線開通後は広く「池田」の名称が知られるに至り、池田とした。
豊頃町
トヨコロチョウ
永田地名解は「トプヨカオロ ? 豊頃村」と書いた。北海道駅名の起源22年版は「トエ・コロから採ったもので、多くの蕗の意を有している」と書いたが納得しにくい。同書昭和25年版からは、永田地名解と同様「?」となっている。
本別町
ホンベツチョウ
ポン・ペッ(pon-pet 小さい・川)から出たもので、小川を意味する。
足寄町
アショロチョウ
永田地名解は二つの違った解を書いた。本文では「アショロ。湾。安政帳に云、アショロは大原の義」とし、国郡名の処では「足寄。元エショロペッなれども、アショロッペッと云ふ。義同じ。即ち下る川の義」と記した。北海道駅名の起源は後説を採り、「エショロッペッ(沿うて下る・川)から出たもので、釧路方面から阿寒を越えてこの川に沿って十勝または北見に出たためこう名付けられた」と書いた。音だけなら他にも読めるが、まずは永田氏が伝承を聞いたらしいこの後説を採りたい。
陸別町
リクベツチョウ
永田地名解は「リ・クン・ペッ ri-kun-pet(高危川)と妙な解を書いた。永田氏は時々、クンという音に「危ない」という解をつけているのであるが、そんな語意が果たしてあったのだろうか?陸別の旧名リクンペッの語義は、リク・ウン・ペッ(rik-un-pet 高い所・にある、または、に入っている・川)であったろう。
浦幌町
ウラホロチョウ
知里博士によればurar-poro「霧が・多い」意。今の行政区画便覧はウライポロ(大いなる網代)説で、「網代・大きい」と解したもの。