宗 谷

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

宗  谷
ソウヤ
永田地名解は「ウエン・トマリ wen-tomari。悪・泊。ソー・ヤ so-ya。岩礁。ソーヤはサンナイの海中にある岩礁の名にして此地の名にあらず。場所を置くときウエン・トマリの名を忌みてソーヤを以て此の地の名とす。」と書いた。
稚内市
ワッカナイシ
ヤム・ワッカ・ナイ「yam-wakka-nai」 冷たい・水(飲み物)の・川」が前略された名であるという。この付近は水のよくなかった処だそうで、そこによい水の川があったので付けられた名であろう。
猿払村
サルフツムラ
サル・プッ「sar-put 芽原の・川」と呼ばれたのが始まりであった。
浜頓別町
ハマトンベツチョウ
枝幸郡の北部を流れている頓別川は流長74キロの大河で、その河口の処に、北側の大きな湖(クッチャラ湖)の水が流れ込んでいる。それで、ト・ウン・ペッ「to-un-pet 湖・の・(に入る)・川」と呼ばれていたのが頓別川となった。
中頓別町
ナカトンベツチョウ
中頓別とは、頓別川の中流に位置することによる。
枝幸町
エサシチョウ
エサシ(esashi 岬)」←(e-sa-usi- 頭が・浜に・ついている・処)檜山の江差、室蘭のエシャシはどれも同じように突き出した岬の処の名である。
永田地名解は「エサシは昆布なり。」というが知里博士はこの説に強く反対で、北部では昆布をサシというがエサシとはいわないといっておられた。
歌登町
ウタノボリチョウ
オタ・ヌプリ(ota-nupuri 砂・山)の意
豊富町
トヨトミチョウ
イペ・コル・ペッ「ipe-kor-pet 食物(魚)を・持つ・川」。
礼文町
レブンチョウ
永田地名解は「レプイ・シララ。海・岩」と書いた。ゆっくりいえばレプン・シララ(repun-shirar 沖に出ている・岩)。続けて呼べばnが後のshに引きつけられてyのようになり、永田氏の書いた形になるのであった。
利尻町
リシリチョウ
リ・シリ(ri-shir 高い・島)の意。
利尻富士町
リシリフジチョウ
本町は、利尻島の中央にそびえる麗峰「利尻富士」の名称を用いたものである。