後 志

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

後  志
シリベシ
斉明天皇の時代に、阿倍臣が水軍を率いて北征した際、二人の蝦夷が後方羊諦(「しりべし」と読む)に政所を置きたいといったので、そこに郡領を置いて帰ったが、その後方羊諦がどこであるか古来説が多かった。明治初年、松浦武四郎が旧史にちなんで後志と国名を定めるべきことを建議し、それによって後志の名ができた。
小樽市
オタルシ
小樽市の語意ははっきりしない。従来書かれて来たものの中から代表的なものを年代順に並べると次のようになるのであった。

@ 上原熊次郎地名考は「ヲタルナイ。砂の解ける小川と訳す。此川常に砂の解け流れるゆへ此名ありといふ」と書いた。

A 松浦武四郎は「ヲタル−ナイ(砂浜路)と訳した。ota-ru-nai「砂浜の・路(の処の)・川」ぐらいの意でかいたものか。

B 永田地名解(明治)は「オタ・ナイ。砂・川。」と書いた。

C 北海道駅名の起源は、昭和25年版から「オタ・オル・ナイ(砂浜の中の川)から転訛したもので、今のオタルナイ川、またはオタナイ川を指しているのである。」と書いた。

いずれにしても小樽の「おた」は砂浜(ota)の意。

島牧村
シママキムラ
島牧は前は島古牧であったが、略されて島牧となった。永田地名解は「シュマ・コ・マキ。岩石の背後と云ふ義」と書いた。いずれにせよ近くにあったshuma(岩石)に因んだ名らしい。
寿都町
スッツチョウ
上原熊次郎地名考は「スッツ。シュプトゥなり。即茅の崎と訳す。」と書いた。
永田地名解は「寿都はシュプキにあてたる文字にして原名はシュプキ・ペッといふ川名である。」と書いた。
黒松内町
クロマツナイチョウ
クルマツ・ナイ(和人女性の・沢)と解された。
蘭越町
ランコシチョウ
ランコ・ウシ・イ(ranko-ush-i 桂・群生する・処)から来た名。
ニセコ町
ニセコチョウ
旧名狩太町と称していたが、「ニセコ」の名が観光その他で全国的に知られるようになったのを機に昭和39年町名を「ニセコ」に変更した。知里博士アイヌ語入門ではニセコアンベツ川のことを「ニセイ・コ・アン・ヌプリ。絶壁・に向かって・いる・川」と書かれた。
真狩村
マッカリムラ
永田地名解は「マクカリプ。山後を回る処。又はマクカリツペッ。山後を回る川とも」書いた。この川は上流の方に行っても屈曲が多いので、マク・カリ・ペッ「mak-kari-pet 奥(山)の方を(で)・回っている・川」と呼ばれたのではなかろうか。
留寿都村
ルスツムラ
ルスツ(ru-sut 道の・根もと)の意。
喜茂別町
キモベツチョウ
キモペツ(キム・オ・ペッ kim-o-pet 山奥・にある・川)の意。
京極町
キョウゴクチョウ
開拓功労者京極高徳の姓によって名づけられた。
倶知安町
クッチャンチョウ
倶知安は倶登山川が尻別川に注ぐ川口の処であるので、アイヌ語地名の慣例から見て、この地名は、この川名から出たものであろう。kut-sanを続けて呼べばクッチャンとなる。
共和町
キョウワチョウ
昭和30年前田村,小沢村及び発足村が合併し,共に和して発展することを願って共和村と命名した。
岩内町
イワナイチョウ
上原地名考は「夷語イワウナイなり。硫黄の沢と訳す」と書き、松浦武四郎西蝦夷日誌も「名義ははイワアイヌ語の「イワナイ」(硫黄の流れる沢の意)から出たものである。
泊村
トマリムラ
アイヌ時代はモイレ・トマリで、永田地名解は「モイレ・トマリ。緩潮の泊」と書いたが、moire-tomar(静かな・泊地)と訳したい。
神恵内村
カモエナイムラ
形としてはカムイ・ナイ(神の・川)であるが、そのカムイは場所がら、熊(カムイ)をいったのかもしれない。とにかくこの辺は昔はフルウであるが今は神恵内と呼ぶ。ただしどの川のことか忘れられている。
積丹町
シャコタンチョウ
夏になると魚介類が豊富で、shak(sak)-kotan(夏・村)だったからの名である。
古平町
フルビラチョウ
hur-pira(丘の・崖)、あるいはhuru-pira(赤い・崖)と読んだものらしい。
仁木町
ニキチョウ
開拓の祖,仁木竹吉の姓を冠したもの。
余市町
ヨイチチョウ
ユ・オチ(uu-ochi←yu-ot-i 温泉・いっぱい・ある。処)の意。
赤井川村
アカイガワムラ
「フレ・ペッ」(赤い・川)の意訳によるという。