留 萌

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

留  萌
ルモイ
留萌市の例と同じ。
留萌市
ルモイシ
ルル・モ・オッ・ペ(rur-mo-ot-pe 潮汐が・静か・で・いつもある・者(川)」の意。
増毛町
マシケチョウ
マシケは元来浜益(浜益毛「はまましけ」)の処の名であった。マシケ(mashke)は多過ぎる、余るの意らしい。またmash-ke(鴎の。処)のようにも解されていたようだ。
小平町
オビラチョウ
永田地名解は「オ・ピラ・ウシ・ペッ o-pira-ush-pet 川尻に。崖・ある・川)」と書いた。川尻の処にインガルシ(inkar-ush-i 眺める・いつもする・処)という山が突き出していて、その下が崖になっているのでこの名がついた。
苫前町
トママエチョウ
トマヲマイ(toma-oma-i えんごさく・ある・処)の意。
羽幌町
ハボロチョウ
ハ・ポロ・ペッ(流出・広大の・川)の意。
初山別村
ショサンベツムラ
ショエサンペッ(sho-en-san-pet 滝が・そこで・流れ出ている・川)の意。
遠別町
エンベツチョウ
永田地名解は「ウ・イエ・ペッ 相・話する・川」と書いた。
天塩町
テシオチョウ
テシ(tesh 簗の意)から転訛かしたものと解する。
幌延町
ホロノベチョウ
ホロ・ペッ(poro-pet 大きい・川)から出たものである。