渡 島

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

渡  島
オシマ
松浦武四郎の建議書の中で、古く斉明天皇以来の歴史に現れる「渡島(わたりしま)」は北海道の入り口を指しているとして、それを国名とすること。また南部津軽の人たちは。この地を「おしま」と呼んでいるので、渡島と書いて「おしま」と読むことにしたい。と書いた。それが今日に残ったものだろう。ただし、「おしま」は「御島」の意であったらしい。
函館市
ハコダテシ
函館は明治2年からの名で、それ以前は箱館であった。室町時代に河野加賀守政通がここに築いた館が、箱のように見えるので箱館と呼ばれるようになったという。
松前町
マツマエチョウ
元来が川の名でマトマ・イ(mat-oma-i)あるいはマトマ・ナイ(nai 川)と呼ばれていた処であったのが松前になったようである。
福島町
フクシマチョウ
福島の処は、ごく古くは折加内と書かれた。永田地名解は「ホロカナイ。却流川。汐入りて河水却流す。故に名く。或いは云ふ、此川四十八瀬ありて順逆して流る故に此名ありと」と書いた。川が曲がっていて、遡ると下の方向になる感じの処があって、ホルカ・ナイ(逆戻りする・川)と呼ばれたものか。寛永元年月崎神社の神託により福島と改名したのだという。ホロカが「愚か」と聞こえるのを忌んだからでもあったろうか。
知内町
シリウチチョウ
永田地名解は「チリ・オチ。鳥・居る所。」と書いた。
木古内町
キコナイチョウ
永田地名解は「リロナイ rir-o-nai。潮・入り・川」と書き、北海道駅名の起源もこの説を採り、満潮の時に潮が逆流するのでこう名づけられたという。
上磯町
カミイソチョウ
カムイ・ソ(美しい岩)説、カマ・シ(波かぶり岩)説も書かれてきたが、たぶん和名であろう。
大野町
オオノチョウ
大きい野原という意味の和名であろう。
七飯町
ナナエチョウ
町名、駅名。意味ははっきりしない。上原熊次郎地名解は「七重(なない)。永田地名解は「ヌ・アン・ナイ。豊沢。急言してナンナイという。和人ナナイと云うは訛なり。」と書いている。昔は七重と書いたが、後に飯田村と合併して両方の字をとって七飯にした。
戸井町
トイチョウ
永田地名解は「チエトイ・ペッ。食土ある処。一名トヨイペッと云う。土川の義。戸井村の原名」と書いた。
恵山町
エサンチョウ
エサン esan。岬、イェ サン ya-san。噴火(山)。(永田地名解)
椴法華村
トドホッケムラ
トゥー・ポク・ケ「tu-pok-ke 山の走り根の・下の・処」の意。
南茅部町
ミナミカヤベチョウ
昭和34年、尾札部村と白尻村の合併に際して、茅部町の南部に位置していることから南茅部村と命名されたことによる。カヤ・ウン・ペッ(kaya-un-pe 帆・の・処)の意。
鹿部町
シカベチョウ
上原熊次郎を読むと「シカベ。シカウンペなり。負う所と訳す。シカウンとは物を負う事」と納得できる解である。
砂原町
サワラチョウ
もしかしたらただサラ(sar 葦原)だったかしれない。砂地なので日本語で砂原と書かれていたのがもとだったかもしれない。分からない地名である。
森町
モリマチ
鳥崎川がオニウシ・ペッ(o-ni-ush-pet 木・群生する・川)で、それが下略され、あるいはpetの代わりに-iを付けるかしてオニウシと呼ばれ、それが訳されて「森」となっていったのであった。
八雲町
ヤクモチョウ
昔ユー・ラップと呼ばれた処であるが、ここに農場を作った徳川廣勝候が、古歌「八雲立つ出雲八重垣つまごみに」に因み、明治14年に八雲と命名したと伝えられている。
長万部町
オシャマンベチョウ
北海道駅名の起源昭和29年版は「オ・シャマム・ペッ」(川尻が・横になっている・川)であると書いた。
大沼・小沼
オオヌマ・コヌマ
行政区画としては上磯郡七飯町であるが、川筋としては茅部郡の折戸川の流域である。アイヌ時代の名はポロ・ト(poro-to 大きい・沼)とポン・ト(pon-to 小さい・沼)であった。