上 川

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

上  川
カミカワ
上川盆地は石狩川の源流の土地で、アイヌ時代はイッカリ・エムコ(石狩川の・水源)のように呼ばれた処。
旭川市
アサヒカワシ
永田地名解は「チュッペッ。東川チュプカ・ペッに同じ。此川の水源は東にありて日月の出る処故に名く。」と書いた。
知里博士は「忠別川。チウペッ(chiu-pet 波・川)は波だつ川の義。それが後に民間語源解によてチュプペッ(chup-pet 日・川)となり、意訳して旭川という地名が生れ、また(chup(日)とchupka(東)と混合して東川などという地名も生まれた。」と書いた。
士別市
シベツシ
シペッ(本流)という名が残って士別と呼ばれるようになった。シ(shi)は「ほんとうの」、「大きい」という意。
名寄市
ナヨロシ
ナヨロフト(nai-or-put「川・の処の・口」の意。
富良野市
フラノシ
北海道駅名の起源は昭和29年版から「フラ・ヌ・イ(臭・もつ・所)の転訛」とした。
鷹栖町
タカスチョウ
チカツプニ(島居る所)を意訳し町名とした。
東神楽町
ヒガシカグラチョウ
昭和18年神楽村からの分村に際し、母村の東に位置をしめしているところから東神楽村と名付けられた。神楽は「ヘッチェ・ウシ(hetche-ush-i 囃子・つけている・場所)。
当麻町
トウマチョウ
旭川市史の当麻川の解は「トーオマナイ to-oma-nai(沼に・行く・川)。急言してトーマナイ」と書いた。
比布町
ピップチョウ
北海道駅名の起源は昭和25年版から「ピ・オ・プ (石の・多い・処)から出た。この付近で比布川の河床に石が多くあるからであろう」と書いた。pi-o-p「石・多い・もの(川)」からだとピップになりやすいようである。「
愛別町
アイベツチョウ
旭川市史の解は「アイ・ペッ ai-petは矢・川と訳されるので、矢のように早い川だとか、種々の伝説も生じている。もとはアイペッ(ai-pet イラクサ・川)だったのではなかろうか」と書いた。
上川町
カミカワチョウ
ペニ・ウン・グル・コタン(川上の人の・土地)を意訳したもの。
東川町
ヒガシカワチョウ
「チュプ・ペッ (chup-pet 日の・川)」、あるいは「チュプカ・ペッ(chupka-pet (東の・川)」の意訳によるという。
美瑛町
ビエイチョウ
美瑛川の上流一帯の土地で、上川盆地南端の広い町である。
上富良野町
カミフラノチョウ
北海道駅名の起源は昭和29年版より「フラ・ヌ・イ」臭・もつ・所)の転訛」とした。hura-nu-i「臭気・を持つ・もの(川)」の意だったろうか。
中富良野町
ナカフラノチョウ
富良野原野の中心に位置することにより命名した。
南富良野町
ミナミフラノチョウ
富良野地方の南部に位置することのよる。
占冠村
シムカップムラ
従来「シュムカプで、川岸にやちだもの多いのを指す」シ・ムカップ(shi-mukap 本流の・鵡川→鵡川源流)その音に占冠と当て字したのではなかろうか。
和寒町
ワッサムチョウ
永田地名解は「ワッサム wat-sam=at-sam。楡樹の・傍」と書いた。
剣淵町
ケンブチチョウ
剣淵町は剣淵川中流の土地。東、北、西はすっぽりと士別市に囲まれ、南は和寒町で、割合に小さい地域である。
朝日町
アサヒチョウ
手塩川源流が東から流れてくるので、朝日の上る方の土地という意味でこの名としたものか。   
風連町
フウレンチョウ
永田地名解は「フーレ・ペッ hure-pet。赤川」と書いた。
下川町
シモカワチョウ
ここは名寄川南支流のパンケ(下の)・ヌカナン川と、ペンケ(上の)・ヌカナン川が流れている処で、そのパンケ・ヌカナンを意訳して「下川」という名にしたという。
美深町
ビフカチョウ
手塩川の砂利河原の処がピウカ(piuka 石原)の名で呼ばれていて、それがこの辺の名となったのではなかろうか。
音威子府村
オトイネップムラ
北海道駅名の起源は「オ・トイネ・プ(川口の濁っている川)から出たものといわれている」と書いたが、川尻を眺めてもそえ濁っているように見えないので考えさせられた。川底は泥らしいので、同じ言葉であるが、o-toine-p「川尻(を歩くと)・泥んこである・もの(川)とでも読むのかなと思ったのだがじしんはない。
中川町
ナカガワチョウ
北海道駅名の起源は「本駅はもと誉平(ぽんぴら)といい、アイヌ語ポン・ピラ(子崖)から出たものであったが昭和26年に改正した」と書いた。そのpon-pira(小さい・崖)は市街の西方の川崖の名で、今は河川工事により古川となっている処である。