石 狩

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

石  狩
イシカリ
石狩は元来は川の名であるが、語意が忘れられた。
札幌市
サッポロシ
アイヌ語地名の中の「札幌物語」を参照してください。
江別市
エベツシ
現在の江別市街は元来は江別太と呼ばれた土地から発達した処で、エベッ・プトウ(江別川の・川口)の意であった。
千歳市
チトセシ
昔はシコツ(shi-kot 大・沢)と呼ばれていたが、シコツは死骨と通じるため名を改めた。この辺には鶴が来るので、それに因んで千歳としたのだという。
恵庭市
エニワシ
漁川(いざり)を中心とした処であるので、アイヌ時代はイザリ(イチャニ)と呼ばれていた土地であろう。
北広島市
キタヒロシマシ
広島県人によって開拓されたことによる。
石狩市
イシカリシ
石狩は元来は川の名であるが、語意が忘れられた。
当別町
トウベツチョウ
永田地名解は「トー・ペッ。沼・川。旧名チワツペト。早川」と書いた。
新篠津村
シンシノツムラ
明治29年2月篠津村から独立した時、新篠津村と命名した。
厚田村
アツタムラ
川名、村名。厚田村役場は厚田川の川口北側の市街地にある。この名ははっきりしない。
浜益村
ハママスムラ
上原熊次郎地名考では「アママ・シュケamam-shuke 穀物を・煮る)である。ア