胆 振

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

胆  振
イブリ
日本書紀の斉明天皇の時代に、阿倍臣が北征して、胆振鉗で、蝦夷を招いて宴会をしたと書かれているが、その場所がどこだったかについては旧来説が分かれている。古い頃新井白石は、北海道のイブツ(勇払)であろうかと書いた。松浦武四郎が北海道の国名、郡名を考えて建議書を出したときに、日本書紀から思いついたようだ。
室蘭市
ムロランシ
モ・ルラン(mo-ruran 小さい・坂)から来たものである。
苫小牧市
トマコマイシ
トー・マコマ・ナイ(沼の・後にある・川の意)から転訛したものである。
登別市
ノボリベツシ
ヌプル・ペッ(nupr-pet 水の色の濃い・川)である。
伊達市
ダテシ
伊達藩主の姓をつけたものである。
豊浦町
トヨウラチョウ
「弁辺」(ベンベ)から改名した。(pe-pe-nai 水・水・川)か(pe-pe 川・川)から来た名だったらしい。農海産物が共に豊富で、かつ内浦湾に面しているのでこのように名付けたものである。
虻田町
アブタチョウ
永田地名解は「アップタペッ ap-ta-pet 鈎・を作る・川)の意から来たもの
洞爺村
トウヤムラ
トー・ヤは「湖の・岸」の意。
大滝村
オオタキムラ
旧名は徳舜瞥といい、トウクシシュンペッ(tukushish-un-pet あめます・いる・川)から転訛したものであるが、大滝とは村内の名勝地三階滝にちなみ命名した。
壮瞥町
ソウベツチョウ
ソー・ペッ(so-pet  滝・川)からあて字されたものである。
白老町
シラオイチョウ
シウラ・オ・イ」(虻の多い所という意)から転訛したものである。
早来町
ハヤキタチョウ
行政区画便覧や北海道駅名の起源に「サク・ルベシペ」(夏越えて行く沢道の意)の上部ををとって早来(さっくる)の字を当てたが、後になって「はやきた」と読まれるに至ったものと思われる。
追分町
オイワケチョウ
明治25年北海道炭鉱鉄道会社の岩見沢−輪西間、追分−夕張間鉄道開通により追分停車場(夕張線の分岐点であるとことから追分とつけられた。)が開設され、当時アピラと称していたこの地は、明治28年駅名にちなんで追分と名称変更した。
厚真町
アツマチョウ
永田地名解では「アトマプ at-oma-p 楡(おひょう)・ある・処」と解した。
鵡川町
ムカワチョウ
永田地名解は「ムカプ←ムク・アプ つるにんじんある処」と書いた。
バチラー[地名考]は「ムカ・ペッ (上げ潮で運ばれた砂で口を)止められたる川」と書いた。
北海道駅名の起源は「ムッカ・ペッ (塞がる川)鵡川が上げ潮のため砂で川口を塞がれるからである。」と記した。
穂別町
ホベツチョウ
北海道駅名の起源(昭和29年)は「穂別とはポン・ペッ(子なる・川)から転訛したものである」と書いた。アイヌ語のポ〔po)は子供の意。地名では語尾につけて指小辞のように使う場合が多い。ナイ・ポ、ペッ・ポの形は多いが、前につけてポ・ペッとした形はあまりない。また、穂別は大川で決して小川ではない。研究を要する地名である。