檜 山

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

檜  山
ヒヤマ
松前藩の財源となっていた、蝦夷檜と呼ばれる「ヒバ」(アスナロ)の林がこの地にあったからという。
江差町
エサシチョウ
江差を「昆布」とする説と「岬」という説が従来行われたが、知里博士は、北海道南部では、昆布をサシとはいわないとして昆布説を否定し、また、エサシを「エ・サ・ウシ・イ(e-sa-ush-i 頭を・浜に・つけている・者)。つまり岬」と分析して説明した。
上ノ国町
カミノクニチョウ
上ノ国とは、応永年間に安東家の一族が湊家を起こし、津軽大光寺西浜上三郡を領し、上ノ国と称したことによる。(他の一族は津軽下三郡を領し、下ノ国と称した。)
厚沢部町
アッサブチョウ
永田地名解は「ハチャムベツ。桜島・川。アツサブと云うは訛なり」と書いた。
乙部町
オトベチョウ
上原熊次郎地名考は「乙部。ヲトヲウンベなり」と書いた。o-to-un-pe「川尻に・沼が・ある・もの(川)の意。
熊石町
クマイシチョウ
クマウシ kuma-ush-i(物乾し・多くある・処)の意。
大成町
タイセイチョウ
昭和30年久遠村と貝取潤村の合併に当たり、住民より新村名を募集し、将来の大きな発展を願って命名したものである。
奥尻町
オクシリチョウ
松浦武四郎の郡名建議書に「ヲクシリはイクシリの転語。イクはイクシタ(向こう側)の略。シリはモシリ(島)の略にて、此の向島の儀。」と書いた。
瀬棚町
セタナチョウ
セタルヘシュナイ seta-ru-pesh-nai(犬の・道が・下がっている・川)が略されてセタナイ(seta-nai 犬の沢)となり、それが「セタナ」に転訛したものだと伝えられている。
北桧山町
キタヒヤマチョウ
北桧山とは、昭和30年、東瀬棚町と太櫓村の合併に際し、桧山地方の北部に位置することにより命名した。
今金町
イマカネチョウ
今金とは、開拓功労者今村籐次郎と金森石郎の両氏にちなんでその頭文字を組み合わせたものである。