日 高

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

日  高
ヒダカ
松浦武四郎の国名建議書「土地南向きにして靄(もや)等も早く相晴れ、天日を早くより仰ぎおり候こと故、日高の名いかがと存じ奉り候。」からきている。
日高町
ヒダカチョウ
旧村名右左府はアイヌ語で「ウ・シャップ(u-sap 互いに・流れ出る」の意か(萱野茂氏による。)「宇社布」と呼ばれていたが、後「右左府」に改めた。昭和18年、日高山脈のふもとにあるところから日高と名称変更した。
平取町
ビラトリチョウ
ピラウトル(oir-utur 崖の・間)の意。
門別町
モンベツチョウ
モン・ペット(mon-pet 静かな・川)の意。
新冠町
ニイカップチョウ
ニ・カプ(ni-kap 木の・川)の意。
静内町
シズナイチョウ
永田地名解は「シットゥネィ shittunei(両山の間)」と難しい解を書いた。あるいはシュッ・ナイ(shut-nai 山の裾の・川)ぐらいの名からでたかもしれない。
三石町
ミツイシチョウ
伝説の岩の名i-ma-nit-ush-i 「それ(肉)を・焼く・串が・ある・処」。たぶん前略して、ニトゥ・シという言葉から三ツ石になったとしたものであろう。
浦河町
ウラカワチョウ
元浦河の下流(現在の萩伏町)に浦河会所を置いたのに由来している。
様似町
サマニチョウ
サマニ「saman-i 横になっている・もの(川)」の意。
えりも町
エリモチョウ
松浦武四郎は「ポロ・エンルム(大きい・岬)」と書いた。上原熊次郎地名解考は「ポロイヅミ」と書いた。つまりもポン・エンルム(小さい・岬)だとの解である。昭和45年「襟裳岬」の名をとって「えりも町」と名称変更した。