網 走

 

地名マップ    「北海道の地名」(山田秀三著、北海道新聞社昭和59年刊)

網  走
アバシリ
網走の地名語義は全く忘れられた。
北見市
キタミシ
北見とは、北見国の中央に位置し、商工業の中心をなしているための名であるという。
網走市
アバシリシ
網走の地名語義は全く忘れられた。
紋別市
モンベツシ
モ・ペッ(静かな・川)の意。
東藻琴村
ヒガシモコトムラ
網走が市となった時に、なぜだかここが分離されて独立の村となった。
女満別町
メマンベツチョウ
網走市史地名解は「メマンペッ mem-an-pet(泉池・ある・川)の意。
美幌町
ビホロチョウ
網走市史地名解は「ピポロ。ペ・ポロ(水・多い)から転訛したものである。
津別町
ツベツチョウ
トウ・ペッ tu-pet(二つの・川)の意。
斜里町
シャリチョウ
斜里町史地名解は「斜里。アイヌ語サル(sar)の訛で、葦の生えた湿原を意味し、もとこの辺一帯をさす地名であった。」と書いた。
清里町
キヨサトチョウ
清里とは、町制施行時に清く住みよい里という意味と小清水村と斜里町から分村して成立した歴史に基づき命名したものである。
小清水町
コシミズチョウ
小清水とは、止別川支流ポン止別川近くに清冷な湧水があったことと、アイヌ語「ポン・ヤン・ペツ」(小さい清水の川)に因むという。
端野町
タンノチョウ
ヌプ・ホン・ケシ(nup-hon-kesh 野の・腹の末端)の意。
訓子府町
クンネップチョウ
クンネ・プ「kunne-p 黒い・もの(川)」の意。
置戸町
オケトチョウ
オ・ケトウ・ウン・ナイ(o-ketu-un-nai 川尻に・獣皮を乾かすその張り枠・がある・川)と解される。
留辺蕊町
ルベシベチョウ
ルペシペ(rupeshpe 峠下る)の意。
佐呂間町
サロマチョウ
サラマペッ「sar-oma-pet 葦原・にある(入っている)・川」の意。
登呂町
トロチョウ
ト・コロ(tu-kor 沼を・持つ)の意。
生田原町
イクタハラチョウ
イクタラ(iktara 笹)の意。
遠軽町
エンガルチョウ
インガル・ウシ(ingar-ush-i 眺める・いつもする・処)の意。
丸瀬布町
マルセップチョウ
永田地名解は「マウレセプ ?」と書いているだけである。語義が分からない。
白滝村
シラタキムラ
白滝とは、村内にある滝の名称で、飛ぶ水しぶきによって、滝つぼや岩肌が白く見えるので白滝といっていたが、何時とはなく附近の地名として称せられ、その名称から出たものである。
上湧別町
カミユウベツチョウ
湧別町と同じ。
湧別町
ユウベツチョウ
永田地名解は「ユペ yube。鮫。湧別川の原名」と記した。
滝上町
タキノウエチョウ
滝上とは渚滑川のいたる所に滝があって、市街がその上にあるからといわれている。
興部町
オコッペチョウ
オ・ウ・コッ・ペ「o-u-kot-pe 川尻が・互いに・くっつく(くっついている)・もの(川)」の意。
西興部村
ニシオコッペムラ
オ・ウ・コッ・ペから転訛し、興部より西にあるので、西の字を冠したものである。
雄武町
オウムチョウ
オ・ム(o-mu 川尻・塞がる)の意。